調査・レポート

DHRジャパンコンサルタントによる調査・レポートになります。各文書のタイトルをクリックして頂きますとファイルをダウンロードできます。

December 2017 | Steve Stine (Translated by DHR Tokyo Office)

『デジタルトランスフォーメーション:データを洞察に変え経営に活かす為には』 

 サブタイトル:最高データ責任者(CDO)・デジタル時代の三銃士

 

デジタルパラダイムと呼ばれる今日の社会では、企業が新しい顧客体験を定義し事業を成長させるために必要な情報をはるかに超えたデータが、生み出されている。このデータを企業にとって価値のある資産にするためには、取締役会におけるエグゼクティブの当事者意識と指揮が必要である。ダウンロード


September 2014 | DHR Tokyo Office

『データ・アナリティクスの人材獲得へ』 

  サブタイトル:この分野の人材不足に対応するためのヒント

 

データ・アナリティクスとは、さまざまなデータを収集、分析、処理し、これを最大限に活用して価値ある情報を引き出すことである。人々は何を考えているか。何を購入し、何を欲しがっているか。事業を改善する方法はあるのか。犯罪やリスクをどう回避できるか。こういった問題に答えるのが、データ・アナリティクスである。ダウンロード

 

 


March 2015 | DHR Tokyo Office

シリーズ:グローバルビジネスに本気で挑戦するために

第4回『なぜ今、オンボーディングプログラムが注目されるのか?』 

サブタイトル:外部採用のエグゼクティブ人財が短期間で結果を出すために企業が取り組むべきことは?

 

本編では、すでに積極的にオンボーディングプログラムを整備・活用している企業の事例を紹介しながら、その意義や有効性について検証・提案する。ダウンロード

 

 


February 2015 | DHR Tokyo Office

シリーズ:グローバルビジネスに本気で挑戦するために

第3回『グローバルビジネスリーダーに求められる資質とは』 

 

 

第3回レポートにおいても引き続き日系企業のグローバル化に焦点を当てながら、「グローバルビジネスリーダーに求められている資質」という観点から、DHRが実施したインタビューを紹介しながら求められる意識と行動を紐解いて行きたい。ダウンロード

 


October 2014 | DHR Tokyo Office

シリーズ:グローバルビジネスに本気で挑戦するために

第2回『グローバル化のチャンスを結果に変えるために』 

 

リーダー人材の確保が海外戦略の入り口だとすると、このチャンスを生かすために次に打つべき一手は何か。グローバル化は多様化と背中合わせであるとして、これをどうやって原動力に変えていくのか。ダイバーシティ、インクルージョンなどをキーワードに、グローバル化を見据えた経営の心構えや工夫に関するDHRのインタビューも織り交ぜて考察してみたい。ダウンロード

 


September 2014 | DHR Tokyo Office

シリーズ:グローバルビジネスに本気で挑戦するために

第1回『リーダー人材確保に待ったなし』 

 

 

日本での人口が2011年から減少に転じ、中長期的にも減少傾向にあると予測されている。それに伴い日本国内市場もすでに縮小傾向にある。これに対応して、多くの日本企業が、子会社の設立、資本提携、M&Aなど様々な形で海外市場の舵取りを任せられるリーダーの育成、確保が急務となっている。そこで今回DHRではグローバル化をすでに進めている企業の経営者及び上級管理者に対して「リーダー」に焦点を当てて、いくつかのテーマに基づきインタビューを行い、それらを基として考察を試みた。今後の人事戦略の参考としていただければ幸いである。

クライアント企業にご協力いただき、経営者および上級管理者へ「グローバル経営のための人材確保」というテーマでのインタビューを実施させていただいた。それらのいくつかをご紹介したい。ダウンロード

 


DHR International Japan K.K.  l 〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-3-20 神谷町MTビル16F 電話 (代表): 03-6758-5700  FAX: 03-6758-5710